“この星の支配者”『GODZILLA 決戦機動増殖都市』


『GODZILLA 決戦機動増殖都市』予告

 CGゴジラ第二弾!

 ゴジラ・アースに敗れ、ほとんどの戦力を失ったハルオらは、謎の部族に救われる。彼女らは2万年前、地球に取り残された人類の末裔なのか? 一方、ハルオらと行動を共にするビルサルドたちは、かつて自分たちが建造したものの起動直前に破壊されたメカゴジラが残存している可能性に気づく……。

www.chateaudif.online

 完全に前作の続き。「神の卵」を崇める一族に救われた主人公たちは、300mを超えるゴジラに再度の決戦を挑むか、決断を強いられる。まあ普通に考えれば、こてんこてんにやられた後の残存戦力では勝ち目ゼロだが、かつて地球脱出の前に破棄されたビルサルドの秘密兵器メカゴジラがまだ存在しており、しかも元の姿ではなく、より拡張された要塞都市として地球の一部を作り変えるほどになっていたことがわかる。
 いや、これを使ってゴジラをおびき寄せれば、前回ミニラを倒したのと同じ作戦のバージョンアップ版を展開して勝てるんじゃね?と色めき立つ地球人とビルサルドたち。だが、卵の一族は、その都市を危険だと警告する……。

 小説版一巻で、生物兵器ヘドラを使って複数の怪獣を倒しているが、かえって甚大な被害が生じ、あのヘドラもまた「怪獣」と言える存在だったのではあるまいか、と言い残されている。今回で行きすぎた文明へのカウンターとしての怪獣が定義づけられ、地球人類に対するゴジラ、エクシフの星を滅ぼした「名前を言ってはいけないあの怪獣」がその存在と明言される。ではビルサルドはというと、地球に来てから彼らの技術力が生み出した自己再生、自己増殖する生きた機械……メカゴジラということになるのだな。怪獣をもって怪獣を倒そうとする行為は、結局勝ったところで強い方の怪獣が残るということに過ぎない。
 メカゴジラに同化さえして行くビルサルドに対し、これまで闇雲にゴジラを倒そうとしていた地球人類は選択を迫られ、この流れは当然、三作目にも続くということになるかな。

 テーマ的なことが見えてきて、話はかなり面白くなってきた。メカゴジラがバージョンアップして要塞都市になっているのもアイディアとして面白いし、「怪獣」の怪獣たる所以を付与して地球人にとってのゴジラ、ビルサルドにとってのメカゴジラとして完全に対比させたのもいい。

 が、怪獣型じゃなくて都市になってるせいで絶望的なまでに絵面は動かなくなった。いや、金も時間も足りないのかな……。スピード感や威力の表現も「以前の3倍!」とか口で言っちゃうもんだから、かえってハードル上がりすぎてるような……どうももったいない内容だ。

 完結編のネタは完全に前回予想した通りだったので自画自賛したいが、あとは「卵」の怪獣が絡むか否かだな。しかし、最後の名前を言うところがいわゆる「バンク」使いすぎで超長くて、あれは完全に計算を間違えているのではないか。引っ張ればいいというものではなかろう……。

GODZILLA プロジェクト・メカゴジラ (角川文庫)

GODZILLA プロジェクト・メカゴジラ (角川文庫)

“あいつを壊せ”『アイ、トーニャ』


『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』予告編/シネマトクラス

 ナンシー・ケリガン襲撃事件の真相は!?

 全米初のトリプルアクセルを決めたスケート選手、トーニャ・ハーディング貧困層から勝ち上がってきた彼女だが、オリンピックではメダルを獲得できず、その生活は常に苦境にあった。そしてリレハンメルへの選考会の直前、ライバルと目されてきたナンシー・ケリガンが何者かに殴打される事件が起こ理、ハーディングにも疑惑の目が向けられ……。

 もちろんドキュメンタリーではなく劇映画。トーニャ、その元夫、その元親友、母親による事件の述懐という形で語られる。
 身体能力に優れ、母親が教育の全てをスケートに注ぎ込んできたことによって作られてきた傑出したアスリートとしてのトーニャ・ハーディングは、アメリカで初めてトリプル・アクセルを飛んだ女子スケート選手として知られることに。だが、そのジャンプの切れに反して得点は伸び悩み、常にジャッジの「芸術点」の壁に苦しんできた。
 母親のスパルタ教育を受けたゆえか、夫もまた暴力的な人間を選んでしまう虚しい繰り返し。スケートしかやってこなかったせいか、他のこともできないし、どうにも要領も悪いし世渡り下手。人を見る目もなく、感情的になりがち。

 まあ当時は大変話題になった事件で、彼女自身、母親、元夫、元夫の友人(!?)を中心に、その裏側を語り尽くす。事件後オリンピックに出たトーニャ・ハーディングは8位に沈み、成績的にはナンシー・ケリガンのライバルにはなり得なかったことも含め、不可解さも多く残る事件でしたね。

 超名演技の母親は娘にとっては厳しい人として描かれるが、幼少期から多く存在したはずの娘のライバルたちに関してどういう態度を取っていたのかが、実はあまり触れられていないのよね。娘にのみスパルタで、描写だけ拾っていけば競技に対してはストイックで、実力で勝ち上がることを望んでいたかのように見え……いや、絶対にそういうタイプじゃないでしょ。そこのところがトーニャとナンシーの関係にも影響してきそうなものだが、トーニャは妙にさらっと「ナンシーとは友人だった」と語るのみで、深いところには触れないあたり、この語りの嘘っぽさの極致が実はここにあるのではないか。
 これだけ周囲を「怪物」として描いている以上、トーニャだけが「アスリート無罪」というわけにはいかないだろう。前半の人物描写と後半の展開の齟齬の間には、当然語られなかった真実があるはずだ。映画自体はめちゃくちゃ面白いが、この恣意的な描き方によって印象としてはますます黒くなった。

 まあそりゃあ授賞式に本人呼んじゃうぐらいだから、中身も相当気を使ったものになるし、そもそもGOサインが出ないわな。私には悪気はなかった……不幸なすれ違いが続いた……悪いのはデブ……なぜならあいつは頭がおかしかったのだ……もちろん母親もお忘れなく……。そんな「シナリオ」が大前提として外せなかったのだろう。
 その反面、ナンシー・ケリガンについては濁したような描き方しかできないのもまた当然で、下手な描き方したら訴えられるだろうしな。そんな諸々の事情による帰結が透けて見え、なるほど、確かにドキュメンタリーでなく劇映画である。

 同じマーゴット・ロビーだけあって、これがまた「悪役のハーレイ・クインにも人情深いとこがあるんですよ」と言ってた『スーサイド・スクワッド』と相似形のアプローチ。まあかの映画のようなジメジメとした湿っぽさを、現実に即して適用するとなかなか厳しいことになるのだな。

chateaudif.hatenadiary.com
chateaudif.hatenadiary.com
chateaudif.hatenadiary.com

 『フォックスキャッチャー』のラスト、UFCに出場する主人公はどこかしら自罰的に見えたが、ボクサーになるトーニャにもそういう要素は仄見え、それでも自身の選択として進み続けるエモさに痺れる。もちろん、多分に嘘臭さも感じつつだ。
 同じくアスリートを描いた劇映画として『疑惑のチャンピオン』と比べても面白いですね。

氷の炎―トーニャ・ハーディング

氷の炎―トーニャ・ハーディング

  • 作者: アビーヘイト,J.E.ヴェイダー,オレゴニアン新聞社スタッフ,Abby Haight,J.E. Vader,The Staff of The Oregonian,早川麻百合
  • 出版社/メーカー: 近代文芸社
  • 発売日: 1994/04/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 27回
  • この商品を含むブログを見る

”ネバー、ギブアップ”『モリーズ・ゲーム』


『モリーズ・ゲーム』日本版オリジナル予告

 アーロン・ソーキン監督作!

 2002年冬季オリンピック予選。モーグルによるオリンピック出場を目前にしたモリー・ブルームは、最終演技で壮絶に失敗し、選手生命を絶たれる。一年後、怪我から回復した彼女は、厳格な父の元を離れ、ロースクールへの進学もふいにして、カジノのアシスタントに収まる。華やかな世界に生きるようになった彼女は……。

 ものすごいテキスト量の脚本を書くアーロン・ソーキンだが、今作でいざ自分が監督としてリハや撮影をしてみたら役者が息継ぎする暇もなくて、『ソーシャル・ネットワーク』の監督したデヴィッド・フィンチャーに電話して「息継ぎできなくない?」と聞いたら「……うん」と言われたとかなんとか……。
 今回もすごい早口でモリーこと主演ジェシカ・チャスティンがしゃべりまくり、モノローグの量も大変ことになっている。久しぶりに表示されてる字幕を「一回しか読めない」経験をしたわ。

chateaudif.hatenadiary.com

 モーグルの選手だったが、オリンピック出場を賭けた競技で壮絶に大コケし、引退。そもそも子供の頃にもスパルタ練習のせいか脊椎を痛めていて、競技者としては完全に終了。オリンピックに行った兄など家族にも引け目を感じるようになり、学業も中断してまさかの賭けポーカー場経営のアシスタントを始めるのであった。

 大変頭も切れて決断力に優れた人でもあることはわかるのだが、胴元やってちまちま儲けているあたり、プレーヤー志向がなくそこはアスリートとしての挫折にも関わっているのかな。狂気じみたカリスマ性はなく、堅実かつ素朴な一面も備えている。
 実際、独立してポーカー場を始めるのだが、こういう商売ごとは気苦労ばかり多くて、せこせことした気遣いやサービスを積み上げるのが大変で、ちっとも華やかな感じはしないのである。
 カジノに入り浸る大物俳優として、マイケル・セラが凄腕を見せているのだが、まあ彼の立ち位置的に、「ああ、こういう中堅クラスの俳優が出入りしてたのな」と思ってしまう。実際はどうもトビー・マグワイアらしく、他にデカプーやベンアフなども来てたそうで、誰か一人ぐらいカメオ出演してくれてたら良かったのにな。

 情報量こそ多いが、決め絵にも華やかさにも乏しく、良くも悪くも脚本の映画だな、という感じ。まあまあ自伝通りになぞっているのであろうが、裁判における「よく考えたら、大して悪いことはしてないよね」が全てで、特別すごいこともしていないしな……。

 ありきたりのフィクションを超越した実話力がないせいか、父娘ネタとかベタなところに着地させてくる。ケビン・コスナーパパはいまいちわざとらしく、不倫野郎としての詳細は省いてるせいか人物像も固まっていない感じでしたね。スケート・リンクのくだりは大げさなんで省いて、法廷と食事シーンぐらいで良かったんじゃないか。
 ラストで、このモリー・ブルームという女性の本質とは、ということを描いたシーンは引っ張っただけになかなか見事でありました。全体としては悪くないが突き抜けておらず、まずまずというところか。

モリーズ・ゲーム (ハーパーBOOKS)

モリーズ・ゲーム (ハーパーBOOKS)

今日の買い物

Kalafina 10th anniversary LIVE 2018 at 日本武道館』BD

 多分、これが最後になるであろうライブの映像。


Kalafina 10th anniversary film 夢が紡ぐ輝きのハーモニー』BD

 劇場で見たが、これも記念として購入。

”デスロードを行け”『タクシー運転手』


『タクシー運転手〜約束は海を超えて〜』予告

 光州事件を映画化!

 1980年5月……ソウルのタクシー運転手マンソプは、ドイツ人ジャーナリストのピーターを乗せ、破格の運賃で光州へと向かう。直前の検問をすり抜け、人気の少なくなった市内に入った二人の前で、大規模なデモが動き出す。それはこの後起きる韓国史に残る出来事の前触れだった……。

 他にも映画はあったが未見で、まあぼんやりとした知識しか持っていなかったが、相当に凄惨な事件であったということだけは知っておりました。
 映画はその予備知識に反してのんびりと始まり、タクシー運転手ソン・ガンホが呑気に歌いつつ仕事中。地元ソウルでも学生による民主化デモは盛んだが、迷惑顔で意義も何も知ったことではない。この実に平凡で、政治に関心もなく、家族と生活のことで手一杯というキャラクターは実にわかりやすい。

 そんな彼が、全然報道されてないけど実は一触即発の事態が近づきつつある光州に、外国人ジャーナリストの依頼で行くことに。破格の運賃にホクホクだが、検問が厳しく裏道を通ってやっと到着。しかし、街は閑散とし、学生デモだけが気勢をあげる不穏な雰囲気。
ほのぼのしたコメディのように始まり、ガンホさんがそこをベタにやりきってて面白いのだが、そこをやりきればやり切るほど後半の衝撃度とギャップが生まれる。光州事件に関する予備知識がなくても、主人公同様にかえってその落差を十二分に味わえる作りになっている。
 このジャンル、前半緩くしておいて、後半落とすテクニックの基本であり集大成になっているんではなかろうか。平凡なキャラを主軸にした体験型映画を、非常に丁寧に構築している。

 まあ後半の狙撃シーンと、その後の病院の阿鼻叫喚ぶりを見れば、それは同国人だろうが他国のジャーナリストだろうが怒りに震えますわね。ユ・ヘジンら、現地のタクシー運転手とのつながりも出来て、彼らも共に活躍するあたり、実際に銃撃を車体を盾にして防いだというエピソードが生かされている。……と言いつつ、クライマックスは軍の車と壮絶カーチェイスを決めて、やりすぎ感も出しちゃうあたりが最高ですね。

 主人公脱出後もまだまだ犠牲者が出て武装蜂起に発展するなど、現実はどんどん悪い方向に突き進んで行く。これを経てもまだ民主化には年月を要し、権力の横暴に対して権利を勝ち取ることの困難さを改めて突きつけられます。

 映画が公開された後に名乗り出てきた、息子さんの声明を読むと、まあ現実の「タクシー運転手」は映画の前も後もまた違う人生を歩んでいたことがわかり、いささかフィクション性に対して冷めてしまうのは否めない。先に名乗り出ていれば、また違ったアプローチで映画も作られていたかもしれないですね。
 とはいえ、大変面白くかつ重厚な映画でありますよ。

光州の五月

光州の五月

全記録光州蜂起―80年5月 虐殺と民衆抗争の十日間

全記録光州蜂起―80年5月 虐殺と民衆抗争の十日間

“夜のプールで”『青春の名のもとに』


OAFF2018『青春の名のもとに / In Your Dreams / 以青春的名義』予告編 Trailer

 大阪アジアン映画祭2018にて。

 16歳の男子高校生、張子行は夜の学校のプールに落ちた女性を助ける。翌日、彼女は彼のクラスに代理教員としてやってきた。家庭や学校生活に鬱屈を抱えた張子行は次第に彼女に惹かれていくのだが……。

 今回の香港ナイトはこちら。脚本家であるタム・ワイジェンの初監督作で、女教師と男子高校生の年の差恋愛もの。なんかAVみたいな設定だな、と思ったが、割と最近韓国映画でも『女教師 シークレット・レッスン』なんて映画もあった。こちらもしっかりセックスが絡む話だったが、今作もそうかな? しかし主演女優はカリーナ・ラウということで、なんぼなんでも年の差がすごいな……。

 新人の初監督だが、カリーナ・ラウが脚本に入れ込んで、自分がやりたいと言ったそう。男子高校生はボケ老人になった父親を世話しているのだが、この父親が往年のアクション・スタートン・ワイさん! えーっ、こんな年寄りになってたか、とちと驚いたが、もちろん今作ではアクションを封印。大陸に去った妻の帰りをひたすら待ち続ける、夢見る老人。息子は息子で母が去ったシーンを強烈に覚えていて、結構トラウマになっているのだな。帰るわけないじゃんとわかっていて、父親との認識には相当ギャップがある。

 で、顔はおぼろげだがヒールやらストッキングが印象に残ってる母に、カリーナ・ラウ先生の面影を重ね合わせるのであった。まあこちらはよくあるちょい可哀想なマザコン、という感じだが、さすがに「本気」というところまでは突っ込まないものの男子高校生に癒しを求めるカリーナ・ラウ先生の危うい感じはさすがだったな。もともとちょっと顔が怖くて、綺麗系のメイクもしないものだから、何をやっても割合マジに見えていちいちぎょっとさせられる。

 正直、そこまで奥深くに立ち入らない話の展開含め、地味は地味だが細部にセンスを感じ、小品ながらなかなかいい映画だったんじゃないの、という後味。クライマックスの「ベッドシーン」も変な緊張感がありましたな。

 監督は、大学時代に親友が先生を好きになってしまい、それを責めてしまったのが心残りだったということで、今作は彼女のために作った、とのこと。すごい深いテーマじゃあもちろんないが、高校生にも大学生にも男子にも女子にも若年にも中年にも時に訪れる、心の揺らぎや不安定さに見舞われる一瞬を切り取った映画と言えるかもしれないですね。

“世界は虚しい。戦う価値などない”『女は二度決断する』


4月14日(土)公開!『女は二度決断する』予告篇

 ダイアン・クルーガー主演作。

 ドイツ、ハンブルクでトルコ移民のヌーリと息子と共に暮らすカティヤ。だが、ヌーリと息子のいた事務所が突如爆破される。トルコ人犯罪組織が疑われるが、捜査は遅々として進まない。事件直前、歩き去る白人の女を目撃したカティヤはそれを警察に訴え続けるが……。

 移民二世で、薬物の売買に関わって服役していた過去のある夫と結婚した主人公は子供をもうけて幸せに暮らしていたが、突然の爆破事件で2人を失う。夫の過去が過去だから、完全に足を洗って真面目に事務所やってたのに犯罪者との関わりを疑われ、警察はイスラム系組織の内輪揉めを追求する。
 ……だから、私が目撃したのは白人の女だと言っとるでしょ! という主張も受け入れられないまま、遅々として進まぬ捜査。ここのダイアン・クルーガーの憔悴演技がすごいですね。薬物に逃げ遂に自殺も決意……というところで、やっと容疑者が上がる。やっぱりネオナチやん!

 裁判が始まるが、公正であるがゆえに浮上してくる推定無罪の原則よ……。容疑者のネオナチ夫婦に対しアリバイ詐称に協力する者まで現れ、揃った状況証拠、物的証拠にも一つずつ傷がついていく。さらに主人公の目撃証言もヤクやったのが災いして採用されず、あっさり勝つはずだった裁判の雲行きはどんどん悪くなり、結局は無罪に!

 弁護士は控訴しようと言うのだが、主人公は乗り気でない。もちろん、このまま放っておいて忘れる、ということではないが、裁判という他人の公平さや正義に訴えかける手法がもはや信じられない。そもそも捜査の段階で家族に対して偏見まみれだし、その偏見こそがこの裁判の結果をも歪めたとも言えるわけで……。

 人種差別、ネオナチはもちろん「重大な社会問題」であるはずなんだが、容疑者である夫婦は人間像があまりに薄っぺらく、空虚で、それに対して「戦う価値」を見出せずむしろ徒労感にのみ襲われる。なんでこんな分かり切ったはずのことが誰にも理解されないのだろう。こういった人間がのさばり、また簡単に爆弾作りにアクセスして、簡単に人を殺せてしまうこの世界に、意味などあるのか。

 「世界は素晴らしい。戦う価値がある」というヘミングウェイの台詞があるが、この主人公の感じることは真逆だ。生きづらさがどんどん可視化され、強くもない賢くもない平凡な女性なのに、不公正な世の中でそれでも「正義の戦い」を続けなければならないのか。
 法廷込みで社会問題を戦い抜く映画というのは、ほぼ1ジャンルになってるぐらいあるのだが、「いや、自分ならそこまで頑張れるだろうか?」と思うことがある。かと言って泣き寝入りするには、彼女の家族同様、ネオナチ夫婦もあまりに無防備で、同じ爆弾の作り方も裁判の資料にばっちり載っているのでありました。

chateaudif.hatenadiary.com

 全く同じように爆殺することだって出来たけど、それとはまた違う方法を決断するあたり、サムライのタトゥーが比喩となっているのだろうか。シンプルな作りだが、重い問いかけが染みる。それでも、時に世界は美しいのだが……。